11/5 雑記<夜>

ギターを結構さわった 1時間半くらい 充実した気分になれる

二級勉強してない 勉強に対する怠惰は相変わらず。。

 

夜ちゃんとシャワーを浴びてリズム作りをしないと

 

明日はインフル、かけはし、ギターレッスン

 

今夜は早く寝よう 彼女にラインしてから

 

御苑デートはあまり会話が弾まなかったなぁ、、気負い過ぎても考えすぎてもよくないな それでとんでもないことしたから

 

感謝と思いやりをもって、彼女に対して接していこうと思う 

秋晴れの日曜の雑記

気持ちの平穏がとても大切。

今は穏やかでいる。暖かく秋らしい気候も影響しているかな。

 

時間を持て余しているので寝てしまう、もったいない。休むのは大切だけど寝過ぎかな。

 

二級建築士の勉強、少ししてみた。これは習慣にしたい。

ギター触る。リラックスにいい。

運動。今日はしてないけど、気候がいい今のうちにしておきたい。

 

リズムをしっかり作ること。きちんと夜寝ること。

頭を整理するうえでもとても大切だとつくづく感じる。

 

お酒を飲みに行ってもリズムが乱れるだけ。その場しのぎにはなるけど、お金も無くなるし。すこし控えよう。

 

樹木希林さんの言葉がとてもよかった。一家の写真もとても素敵で。

本見てみよう。いい言葉がありそう。

 

これから御苑デート。彼女との大事な時間。楽しい時間に、したいしそう感じて欲しいな。

彼女への愚かな感情表出・無礼 それを包む彼女の器量と精神

こちらから一方的に振った彼女に、一か月後にヨリ戻しを頼み保留にされ、回答が来る前にこちらから『俺は何を言い出すかわからない』と断りを入れ、その後一緒にいたいと言い出す自分。書き出しても一読ではよくわからない程自分勝手です。

 

彼女は受け入れてくれた。とても温かく、包み込むような言葉と共に。

 

俺は自己中心的。というよりも独り善がりである。

彼女からは生きるのが不器用過ぎると言われた。

それでは表現が甘いと思うほど、よくわからないので整理してみる。

 

 

①こちらから一方的に振った理由。

  顔が好みでないから。

②一か月後ヨリ戻しを頼んだ理由。

  一緒にいてみて落ち着くなと思ったから。

③彼女からの回答前に断りを入れた理由。

  付き合うと、自分が精神的に縛られるという思いに襲われたから。

④一緒にいたいと言い出した理由。

  自分を理解し安心感を与えてくれる存在だと考えを改めたから。

 

書いていて、錯乱しているのか、と自分で自分を思う。これを平常心で彼女に伝えたのだから恐ろしい。我ながら。

 

これらのことをひっくるめて、受け入れてくれた彼女には、謝罪、贖罪の念と感謝しかない。

 

彼女への感情・想いが錯乱・錯綜した時には。

 

考えを書き出す。

一人で考えをこねくり回して結論づけない。

彼女、友人に相談する。

とりあえず寝る。

頭を休める。

 

独善的な錯綜癖のある自分は、これらに気を付けるしかないと思う。

『パートナーといい時もある、悪い時もある、でもお互い必要だと感じられる関係を築きたい。』

そんなことをのたまうには遠く及ばない程、自分は独善的であり、暴走する。まずは、その自分を自覚することから。

 

彼女がとんでもなく思慮深くて温かくて、頭がひたすら下がります。

 

自覚と処方箋。まずはそれを持つことから、です。

未練の整理

設計への未練が落ち着きつつある。

 

何か月か1年か位の周期でやって来る、建築設計未練の感情は処理の仕方がわからない。

未練時期の間は建築本を買い漁ったり、エスキスノートにスケッチを書いたりする。俺は今まで何をしていたんだ、学生時代を取り戻せ、とばかりに。

 

解決策はおそらくだが、時間が経つのを待つ、しかないのだと思う。今回は1週間程度だった。

 

建築設計に囚われた様なこの未練の感情は次にいつやって来るかわからない。

 

その時のために、今回書き記しておこうと思う。

 

全てを投げ打ってでも建築設計に人生の舵を切ろうとして、無理のある人生設計に頭が支配される。

 

これを解決するには、自分に出来る限りのエスキスをして、思うがままの本を買い、眺め、頭を一度設計に埋めること。そして、時間が経つのを待つこと。今考えられるのは、これくらいである。

 

いかに自分の頭を支配してくる感情と付き合うか。それは、今後自分が生きる上でも大切になるテーマだと思う。